リアルな「消費者目線」を大切に!

東京オフィス 企画営業部 新井菜々美(2019年入社)



Q:これまでのキャリアと入社理由について


前職では社員食堂で管理栄養士として店舗運営やメニュー制作などを担当していました。

毎月の売上目標に対し、日割りで設定した目標金額の達成のために、毎日献立と原価を調整をしつつ、その日中に販売実績をチェックし、改善するというPDCAを回していました。


一番大切にしていたのが、「食堂を利用する社員の方に、毎日楽しんでもらいたい」という気持ち。そのために、自分自身が本当に食べたいと思えるメニューを企画し、フェア商品として多数販売しました。メニューを整えるだけでなく、店頭の黒板を毎日書き換えたり、食堂の雰囲気の底上げも工夫していたところ、社内でも表彰されたり、他店舗への講習などまでさせてもらえるようになりました。


お客様の反応を目の当たりにしながらの店舗運営はとても達成感がありましたが、日々ルーチンワークをこなす感覚、枠に囚われた仕事が多いように感じるようになり、転職を決意。

自分で考え、お客様と会話する中で、新しいことを提案する仕事がしたい!

自分の可能性を伸ばすために業種は違えども経験は活かせる仕事がしたい!

という軸で転職活動をし、「飲食に特化した販促企画会社SESSA」と出会い、入社を決めました。


Q:今のお仕事内容と、やりがいについて


リアルな「消費者目線」を大切に提案をしていくセッサのやり方は、非常に面白味を感じます。店舗視察をして、そこで感じた良い点だけでなく、少し言いづらい率直な感想などをお客様にお伝えしながら提案することに、初めは驚きました。しかし、それがお客様の本音引き出す糸口となることも多く、きちんと言葉にして課題共有していくことの大切さを感じています。


最近うれしかったのが、そうしたマインドが伝わってか、お客様が私宛に「今困っていること」をお電話で相談してくださるようになったことです。先日も「飲食店舗の売上テコ入れのために、テイクアウトブランドを立ち上げたい。販売商品は決定したが、自社で考えた店名とショルダーが弱い気がしている。」とのご相談をいただきました。詳細を伺うと、コンセプトワークやターゲットの整理といったブランディングが社内で設定しきれずにお困りとのこと。セッサでは、テイクアウト店舗=商品・商品特徴が端的に伝わることが重要と考え、ブランドコンセプト案とともに、店名&ショルダー候補を30個弱ご提案しました。

結果、2つのブランドでご採用いただき、導入まで至りました。


こうした、0から考えた企画が世に出て行く際には、特にやりがいや喜びを感じますし、

その後の売れ行きなど動向を追いながら、より深いお手伝いをしていけるようになっていきたいと思います。





Q:これからSESSAへ入社を

  検討している人へのメッセージ


私達企画営業の仕事で大切なのは、目の前の事象に常に「なんでだろう?」「どうしてだろう?」という、興味と好奇心を持ち続けることだと思います。

お客様からの「○○がほしい」というご依頼も、背景を探ると、異なるご提案が適している場合もあります。

社内ではよく「本質の理解を」という言葉を遣うのですが、そのためには「なぜ○○がほしいのか」から、きちんとお客様と会話をする必要があります。

そうした掘り下げのためには、相手への興味(=思いやり)が大切なのではと思います。


難しいこともありますが、誰しも初めての事、知らないことはたくさんあります。

セッサは自分なりに考えながらも、時には頼もしい上司・先輩にも頼りつつ、成長していける職場だと思います。

一緒に試行錯誤しながら、向上心を持って頑張れる人と働けると嬉しいです。

名称未設定-2_アートボード 1.png